ダイエットサプリの副作用を避ける3つのポイント

      2015/03/12

258c0c7d3150678198cc3d3afcec575b_s

毎日摂り続けて効果を実感出来るのがダイエットサプリメントですが、長い間続ける物だからこそ副作用はあるのかどうかが気になりますよね。
安全なダイエットサプリメントを選ぶには、いくつかのポイントがあります。

1 昔からの研究によって安全性が明確になっている物を

ダイエットサプリメントは、他の分野のサプリメントよりも比較的新しい成分がいち早く配合される事が多くなります。
そのため、開発段階で充分に検証が行われていても、商品化してから副作用が発見される事があるのも事実です。
出来れば昔から使われていて、すでに安全性が確立されている成分を選びましょう。

2 体外に排出されやすい成分

短い期間の摂取では問題なくても、長期間に渡って摂り続けると特定の臓器に溜まって副作用を起こす成分もあります。
ですので、身体の中に溜まる事なく、外に排出されやすい成分を選ぶようにしましょう。

3 過剰な効果をうたっている商品は避ける

どんなに食べてもそれを飲むだけで痩せるダイエットサプリメントはありません。
ダイエットサプリメントはあくまでもダイエットのサポート的な役割であり、バランスの取れた食事と規則正しい生活習慣が基本となります。
一週間で10キロ痩せるなど、あまりにも過剰な効果をうたっているサプリメントは、それだけ身体に大きな副作用もあると考えるべきです。

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

柑橘類のハーブの一種で、肥満を抑制する効果があると言われているガルシニアは、日本での動物実験によって精子形成不全によって精子の量が減ってしまうという報告があります。
これは、一般的なダイエットサプリメントの摂取量の10倍を1年間投与した場合で、人間には影響がないとされていますが、推奨されている摂取量は守るようにしましょう。

マメ科のハーブであるメリロートには、動脈や静脈の血管を拡張する作用があります。
血流を改善する事でむくみが軽減されるので、ダイエット効果が期待出来る成分ですが、摂り方を誤ると肝機能に障害が起こるなどの副作用が報告されています。

主にマレーシアやインドなどの東南アジアで栽培されているアマメシバは、ダイエット効果があるので世界各国で利用されてきました。

しかし、2003年には呼吸困難や息切れなどの副作用が報告されています。
ダイエットサプリメントの副作用が気になるという場合には、始めは少量から飲むようにして、体調の変化に注意しながら続けてください。
また、メーカーから推奨されている1日量を守る事も重要です。
早く効果が欲しいからと言って、過剰な量を飲むのは絶対にやめましょう。

ダイエットサプリメントのメリット、デメリットまとめ

効果別でおすすめのサプリメントをランキングでチェック!

 - ダイエットサプリ活用術