機能性表示食品比較!シボヘールVS葛の花イソフラボンスリムの違い

   

葛の花由来のイソフラボンを配合した機能性表示食品2つを比較!
シボヘールVS葛の花イソフラボンスリムの違いとは?

葛(くず)は風邪によく利く漢方薬「葛根湯(かっこんとう)」など、薬草として古くから主に根の部分が利用されてきましたが、近年、葛の花部分に含まれるイソフラボンに驚くべき機能があることが発見されました。

その葛の花由来のイソフラボンを配合した機能性食品として話題を集めているサプリメントが「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」です。

では「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」に配合されているイソフラボンにはどのような優れた機能があるのか、また両食品にはどのような特徴や違いがあるのか、詳しくご紹介して参ります!

ただのサプリではない!「機能性表示食品」とは何か確認しておきましょう

シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも、共に機能性表示食品に分類されています。

そこでまずは機能性表示食品とは何かを確認しておきましょう。

機能性表示食品とはどのような機能があるかを表示できるよう、その「科学的根拠」を国(消費者庁)へ届け出て、届出が国に受理された食品のことです。

科学的根拠となる調査や資料作成に国が直接関与している訳ではありません。

しかしながら、事業者が機能性表示食品の科学的根拠を届け出るには国が定めた厳格な基準をクリアすることが求められます。

基準をクリアしていなければ国に受理してもらえない、即ち機能性表示食品として認められないということになります。

加えて、機能性表示食品を届け出た後、当該商品は国の厳しい監視下におかれることになりますので、万一問題があれば国から直接厳しい指導や場合によってはペナルティーを受けることにもなります。

つまり、国が間接的に監視、管理している安全性の高い食品が「機能性表示食品」となります。

そのため、シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも共に機能性表示食品ですから、両食品の機能に対する信頼性や、食品としての安全性は他の一般的なサプリよりとても高いと考えて良いのです。

イソフラボンって何?どんな働きをするの?

●イソフラボンはフラボノイドの一種

イソフラボンとは主に植物に含まれている成分であり、「フラボノイド」の一種にあたります。

フラボノイドの仲間にはイソフラボンの他に、カテキンやアントシアニンといったサプリメントではお馴染みの成分があり、それぞれ発揮する機能は異なりますが、フラボノイド全体の共通した働きとしては「抗酸化作用」があげられます。

抗酸化作用とは体が錆付くことを防ぐ、即ちアンチエイジング効果があるため、特に中高年の女性の方々を対象としたサプリメントの成分として大活躍しています。

●イソフラボンは「植物性のエストロゲン」と呼ばれている

そんなフラボノイドの一種であるイソフラボンにはどのような特徴があるのでしょうか。

まずイソフラボンにも、フラボノイドの代表的作用と言える抗酸化作用がありますので、アンチエイジングに効果的です。

また、イソフラボンはその特徴から「植物性のエストロゲン」とも呼ばれています。

エストロゲンは女性ホルモンの一種であり、女性が妊娠、出産する上で不可欠なホルモンとして知られていますよね。

主には女性らしい体型を作り出す作用や、子宮内の環境を妊娠しやすくなるよう整える働きがありますが、その他には自律神経の働きを整えたり、骨の形成を促したりもします。

女性の更年期障害として代表的なイライラ感やウツといった症状や、骨粗しょう症といった症状はまさにエストロゲンの減少が一因となっているので、植物性のエストロゲンとも呼ばれるイソフラボンを摂取すれば、こうした更年期障害の緩和にも役立つのです。

葛の花由来のイソフラボン特有の機能とは

このようにイソフラボンは女性の皆様にとってアンチエイジングや更年期障害の緩和に役立つとても頼もしい成分ですが、今回ご紹介する「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」の両者に含まれている成分とは「”葛の花由来の”イソフラボン」となります。

葛の花由来のイソフラボンには、他の抽出されたイソフラボンにはない特有の作用があることがわかりました。

それが次にご紹介する3つの働きを通じて内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれる働き、即ちダイエットに効果的な働きです。

(葛の花由来のイソフラボン・3つの作用)

・脂肪合成の抑制

人間の生体活動の中で消費しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪として合成されますが、この中性脂肪が内臓脂肪や皮下脂肪となります。

葛の花由来のイソフラボンには中性脂肪の合成を抑制してくれる働きがあります。

・脂肪分解の促進

体に蓄積された脂肪分を再びエネルギーとして消費するには、一旦脂肪酸と呼ばれる物質に分解する必要がありますが、脂肪分解機能が上手く働いていない方はダイエットに取り組んでもなかなか痩せることができません。

葛(くず)の花由来のイソフラボンには脂肪の分解機能を助ける働きもあります。

・脂肪燃焼の促進

脂肪分をエネルギーとして使うということは、脂肪分を燃焼させることを意味します。

脂肪分を燃焼させるには褐色脂肪細胞が重要な働きをしますが、葛の花由来のイソフラボンには褐色脂肪細胞の働きを促進させる効果もあるのです。

まとめますとイソフラボンという成分にはアンチエイジングや更年期障害緩和に役立つ働きがあり、中でも葛の花由来のイソフラボンには更に内臓脂肪や皮下脂肪を減少させるダイエット効果も期待できるということです。

この葛(くず)の花由来のイソフラボンで発見されたダイエット効果に特化(※)して機能性表示食品として開発されたのが、「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」なのです(※)。
(※イソフラボンにはエストロゲンに似た働きがあるため、妊娠中や授乳中の女性に役立つ成分ですが、両食品は「ダイエット効果」に特化して開発された商品です。
ダイエットは妊娠中や授乳中の女性にとっては好ましくない取り組みとなりますため、妊娠中や授乳中の女性の皆様は利用しないよう御注意ください。)

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの違いとは?

シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも共に葛の花由来のイソフラボンによる腹部を中心としたダイエット効果が期待できる点では共通しています。

しかしそれぞれ固有の特徴や違いもありますので、具体的にどう異なるのかシボヘールと葛の花イソフラボンスリムを配合原料や価格、オススメの対象者といった各項目ごとに比較してみることにしましょう。

葛の花由来のイソフラボン以外の配合原料を比較!

シボヘール

シボヘールはイソフラボン以外ではショ糖脂肪酸エステル、セルロースといったサプリメントを作るために必要な原料が使用されているだけです。

ショ糖脂肪酸エステル、セルロース等は加工食品で幅広く利用されている原料であり、その原料だけを大量摂取することでもしない限り、安全性の面で心配は不要です。

ただしそれらの原料には特に健康面で秀でた機能はありませんので、シボヘールはダイエット機能に特化したサプリメントと言えます。

葛の花イソフラボンスリム

シボヘール同様セルロース等が原料として含まれていますが、葛の花イソフラボンスリムにはその他にも血行促進や基礎体温の維持に役立つ「黄金生姜」、抗酸化作用や栄養分をエネルギーに変える場合に不可欠となるビタミン成分としてB1、B2、B6、C、ナイアシンの計5つの成分が含まれています。

そのため、同商品の広告サイトでも紹介されているとおり、美肌効果やアンチエイジングといった効果も併せて期待できるサプリと言って良いでしょう。

飲み方と効果の期間で比較!

ダイエットは1日で結果が出るものではありませんので、一定期間飲用し続ける必要があります。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムは1日あたりどのくらいの量を、どのくらいの期間飲用すれば良いかを比較した場合、次のようになります。

シボヘール

・1日に飲用する量:目安として1日4粒を推奨しています。

・飲み続ける期間(※):3ヶ月間が成果が生まれる目安としています。

葛の花イソフラボンスリム

・1日に飲用する量:シボヘール同様1日4粒が推奨値となっています。

・飲み続ける期間(※):こちらも目安として推奨されている期間が3ヶ月間です。

このとおり、飲み方や飲み続けた方が良いとされる期間ではシボヘールも葛の花イソフラボンスリム共ほぼ同じで、大きな違いはありません。

(※期間についてはあくまで目安であり、ダイエットの効果が表れる期間には個人差があります)

容量・価格を比較!

飲み続ける必要があるということは、その間購入し続ける必要があるということにもなります。

となれば量や価格についても無関心ではいられません。この点についても「通常価格」と「特別価格」の二つで比較してみました。

(通常価格では)

まずは通常価格での比較です。

ここでの「通常価格」とは初月度に適応される特別な限定価格ではなく、2ヶ月目以降継続的に支払うことになる価格を「通常価格」としています。

シボヘール

・価格:一袋あたり2,808円

・一袋に入っている粒数:120粒(1日4粒で約1ヶ月分)

・一粒あたりの単価:約23.4円

葛の花イソフラボンスリム

・価格:一袋あたり5,780円

・一袋に入っている粒数:120粒(1日4粒で約1ヶ月分)

・一粒あたりの単価:約48.2円

このように2ヶ月目以降の通常価格で比較した場合、葛の花イソフラボンスリムはシボヘールの倍以上の価格であることがわかります。

単純に価格だけをみればシボヘールに軍配があがりそうですが、葛の花イソフラボンスリムには黄金生姜や5種類のビタミンが配合されています。

そのため、価格だけで単純比較することは適切とは言えません。

例えばビタミン不足を医師から指摘されているような方なら、葛の花イソフラボンスリムは同時にビタミン類の補助食品としても利用来ますので、これらの点も考慮した上で比較することが大切です。

(初回限定の特別価格では)

では初回限定の特別価格はそれぞれどのようになっているのでしょうか。

シボヘール

・価格:一袋あたり980円

・一粒あたりの単価:約8.2円

葛の花イソフラボンスリム

・価格:一袋あたり1,480円

・一粒あたりの単価:約12.3円

一粒単価で比較すると特にわかりやすくなりますが、通常価格では倍以上の価格差があった両商品ですが、特別価格での価格差は約1.5倍程度に縮まっています。

共にお得感はありますが、葛の花イソフラボンスリムは一粒単価が48.2円から12.3円と約1/4近いプライスダウンとなりますので、よりお得感が高いと言って良いでしょう。

特にオススメの対象者を比較!

シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも、特にウエスト周りのダイエットに効果が期待できるという点は一致しています。

そのため、ウエスト周りを細くしたいとお考えの皆様なら両商品のどちらを選んでも構いません。

では、シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも対象となるお客様に全く違いはないのでしょうか、オススメの対象者についても比較してみます。

シボヘール

こちらは配合成分からわかるとおり、葛の花由来のイソフラボンが主成分であり、ダイエット機能に特化して開発された商品です。

そのため

・肥満気味だと自覚のある方・内臓脂肪が多いと医師から指摘されている方

・お腹周りの脂肪が気になっている方

・健康的に体重を落としたい方

このような方々にとってオススメのサプリと言えます。

ただし、ダイエットが目的であっても未成年の方や妊娠中の方、授乳中の方は飲用しないようくれぐれも御注意ください。

葛の花イソフラボンスリム

葛の花イソフラボンスリムはイソフラボンが配合されているだけでなく、黄金生姜やビタミン類も配合されています。

基本的にはシボヘール同様ダイエットしたい方々が対象者となりますが、その中で特に次のような自覚がある方や症状に悩んでいる方にオススメのサプリメントと言えます。

・新陳代謝が悪く、肌も荒れ気味だといった方・、手足の先端が冷たくなりやすいといった冷え性の方

・健康そのものに不安があるという方

尚、こちらも未成年や妊娠中の方は御利用を控えるようにして頂くと共に、対象となる方々であっても飲み過ぎには十分御注意ください。

1日4粒という目安を守って、継続的に飲用することがダイエットや体質改善において大切なことです。

効果別でおすすめのサプリメントをランキングでチェック!

 - 人気企画!話題の商品比べました♪, 機能性表示食品