中性脂肪が低下?トクホ取得のニッスイ・イマークSの効果・口コミとは

   

テレビや雑誌などでよく目にする「中性脂肪」。あなたは気になっていませんか?そもそも「中性脂肪とはなんなのか?」を知らないと、数値が高いといわれてもからだにどんな影響があるのかよくわかりませんよね。ここでは、中性脂肪についてと、ニッスイが販売している「イマークS」の特徴や口コミ情報をご紹介します。

「中性脂肪が高い」それってどういう意味?

【中性脂肪とは】

中性脂肪は、別名「トリグリセリド」と呼ばれています。会社や自治体の健康診断で血液検査をしたときにその数値(記号:TG)がわかります。中性脂肪になる物質は、脂質・糖質・たんぱく質です。

食べ物に含まれている脂質・糖質・たんぱく質は、からだの中に入ると小腸から血液中に吸収されます。主に生命維持のために利用されるエネルギーですが、使われなかった分は「中性脂肪」へと変わります。

つまり、余分な物質がからだの中に脂肪として蓄えられるということ。中性脂肪は全身につくものです。しかし、男性は内臓脂肪に、女性は皮下脂肪になりやすいといわれています。お腹や腰回りなどについた内臓脂肪・皮下脂肪が中性脂肪だということですね。

【基準値】

「中性脂肪(TG)」の数値は、血液検査で測定可能。性別や年齢によって標準値は違いますが、およその正常値・異常値は以下のとおりです。

◆正常値:30~149mg/dl
◆異常値:29mg/dl以下、150mg/dl以上

中性脂肪が高いといわれるのは、150mg/dl以上のときです。中性脂肪がからだの中にたまっている状態で、「高グリセリド血症(高中性脂肪血症)」と診断されます。会社や自治体などで受けた健康診断結果を見るときに、ぜひ参考にしてくださいね。

【はたらき】

中性脂肪の数値が標準値ではない場合は、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。つまり、何かしらからだに影響が及ぶということ。しかし、中性脂肪は決していらないものではありません。きちんとした役割があるんです!

生命維持のエネルギー源は「糖分」です。そして糖分がなくなったとき次に使われるのが中性脂肪です。また、体温を一定に保ったり、骨や内臓を守ったりしてくれます。つまり、中性脂肪は、人間が生きていくために必ず必要なものなのです。

【数値が高い原因】

中性脂肪の数値が高くなる原因は、日常生活が影響しています。一番は脂質・糖質・たんぱく質を多く摂取すること。肉の脂身が好きでよく食べたり、アルコールを日常的に酔うまで飲んでいたりする場合です。しかし、ほかにもいろいろな原因があるということをご存じでしょうか。例えば、以下のようなことがあげられます。

お腹いっぱいになるまで食べる。
食事の時間が決まっていない。
運動をする習慣がない
野菜を多く食べていない
外食やコンビニのお弁当、ファーストフードなどが多い。

「お腹がでてきた!」と感じている人は、上記のような原因にあてはまっていないかチェックしてみてください。まずは食事を改善することが必要不可欠ですが、それだけでは中性脂肪の数値を下げられない場合があります。

【数値が高いとどうなる?】

中性脂肪の数値が高いといわれて思うこと。それは、「高いとどうなるの?」ですよね。中性脂肪がお腹や腰回りについた場合は、今まで着ていた服が似合わなくなったなどの困ったことが発生。しかし、そんなことよりも心配なのは「病気」になることです。

動脈硬化

動脈硬化は、血管が硬くなる症状。進行すると血管が細くなることによって心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などを引き落とします。

脂肪肝

脂肪肝は、肝臓がフォアグラのようになる症状。肝臓の機能が低下するので、肝硬変や肝臓がんなどを引き起こします。

中性脂肪の数値が正常値まで下がれば、これらの病気にかかる可能性が少し下がるということ。前述したとおり、食事内容の改善や運動の習慣化、生活習慣の見直しが正常値到達へのポイントです。

イマークSってどんな飲み物?

 

「イマークS」は、日本水産株式会社である「ニッスイ」が販売している清涼飲料水です。
飲み方は、1日1本を目安に4~12週間続けるだけ。常温保存も可能ですが、冷蔵庫で冷やしておくと飲みやすいといわれています。また、1本(100ml)あたり26キロカロリーなので、カロリーを気にしている人でも飲みやすいですね。

【効果】

青魚に含まれる「DHA」「EPA」という成分をご存じでしょうか。これらの成分は、中性脂肪の数値を低下させる効果があり、サプリメントや特定保健用食品として販売されているものがあります。イマークSも、その中の1つ。飲み続けることで血液の中にある中性脂肪値を下げる効果があります。

【特徴】

イマークSには、「EPA600mg」「DHA260mg」が含まれています。ニッスイの臨床試験では、推奨している飲み方で平均約20%の低下を見込めることがわかっています。EPA(エイコサペンタエン酸)は、イワシなどの青魚に多く含まれています。

グリーンランドで暮らす「イヌイット」の健康調査では、野菜をあまり食べないのにもかかわらず、健康な人の割合が多いこと、そして、EPAが血液中に多く含まれていることがわかっています。青魚を大量に食べるアザラシから間接的にEPAを摂取することで、健康を維持しているという結果に。EPAは健康に大きな影響を及ぼすということが判明しました。

EPA・DHAは、1日900mgが日本人の摂取目安量です。イマークSは、860mg含まれています。1日分のほとんどがこの商品で摂取可能ですよ。

【口コミ】

良い口コミ

・全く運動をしていないせいか、お腹回りがメタボに近いです。人間ドックで中性脂肪値が高いことを指摘されてからはや3年。イマークSを4ヶ月飲み続けたら、人間ドックで正常値になっていました。体重は変わっていませんが、中性脂肪が減ったということだけでもうれしいです。
・ダイエットを決意し、運動をしていませんが、歳のせいかなかなか効果が出ないでいました。イマークSを飲みながら運動を続けたら体重が減ったので、ダイエットのサポート効果があるのではないか?と感じています。
・はじめは味に抵抗がありましたが、慣れたらまずいとは感じなくなりました。
・中性脂肪値を下げる効果は確かにあると思いますが、値段が高いので、「目標値まで」など期間を決めて購入した方が良いと思います。

悪い口コミ

・商品と一緒に送ってくる冊子に、良いことばかり書いてありましたが、これほど効果がないのはショックでした。値段が高いので、もう買わないと思います。
・友人が痩せたと聞いて、お試しで買ってみましたが、効果はありませんでした。続けないと効果が出ないのかもしれませんが、値段が高いし、バリウムのような味がしたので、リピートはなしです。
・うっかり飲み忘れると、定期便が届くので冷蔵庫が占領されてしまいます。コレステロール値はわずかに減りましたが、それ以外の効果は見られませんでした。値段が高い&効果がわかりづらいので、買うのをやめました。

イマークSを手にするためには!

イマークSは、ニッスイ公式サイトでのネット通販、Amazonや楽天市場など、通信販売で入手できます。あなたの住んでいる近くにあるドラッグストアや薬局では売られていないので注意しましょう。ここでは、ニッスイ公式サイトから購入する場合の、価格と流れについてご紹介します。

【購入価格】

・イマークS10本お試しセット:1,000円(税抜・送料無料)
・〈今回のみ購入〉20本セット:6,000円(税抜・送料500円)
・〈定期購入〉20日ごとに20本お届け:5,000円(税抜・送料無料)
・〈定期購入〉毎月1回20本お届け:5,600円(税抜・送料無料)

【購入方法】

・ニッスイ公式サイトより、「お買い物かごに入れる」をクリック

・注文数・商品合計金額を確認し、「お客様情報入力へ進む」をクリック

・プロフィール・メールアドレス・パスワードを入力し、「会員登録して、次へ進む」をクリック

・お届け希望日・時間帯指定を入力

・支払い方法(クレジットカード払い・代金引換)を選択後、「次へ進む」をクリック

・入力内容を確認し「ご注文を確定する」で完了です!

まとめ

 

イマークSは、1日1本を継続して飲むのがポイントです。中性脂肪が気になっているけど、普段の食生活・日常生活をなかなか変えられない人や、食事に気をつけているけど、中性脂肪が減らないと感じている人に飲んでほしい商品です。ただし、「値段が高い」「味が合わない」という口コミが多く見られます。いきなり定期購入コースを契約するよりも、まずは、お試しセットの購入をしてみてはいかがでしょうか。

効果別でおすすめのサプリメントをランキングでチェック!

 - ドリンクタイプ