機能性表示の筋肉サプリ!?キューサイからでた小林HMBタブレットとは

   

年齢とともに減っていく筋肉の力。「よろける」「階段の昇り降りがつらい」など、日常生活に支障が出てくるとつらいですよね。そんな悩みをもつ人やそれを防止するために、注目を浴びているのが「HMB」というサプリです。ここでは、新しく発売されたキューサイの小林HMBタブレットという機能性表示食品について詳しくご紹介しています。

機能性表示食品ってなに?

消費者庁が認めたもの

商品のパッケージ上側に記載されている「機能性表示食品」という文字。最近、いろいろなところで目にするようになりました。機能性表示食品とは、製造・販売を行う会社が機能性に対する科学的根拠や安全性を消費者庁に提出した食品のこと。例えば、「体脂肪を減らす」「お腹の調子を整える」などの表示ができるようになります。

消費者庁に効果を認められた健康食品は3種類あって、そのなかの1つが機能性表示食品。残りの2つは、特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品です。保健機能食品として、その商品がもつ機能を商品パッケージなどに表示できます。反対に、栄養機能食品・健康補助食品・栄養調整食品と書かれている商品は一般食品と呼ばれ、機能性の表示はできません。

機能性表示食品の商品パッケージには、「機能性表示食品」「届出番号」と、何が含まれていてどんな機能があるのかについての「届出表示」が記載されています。また、商品が開発されるまでの研究内容など、より詳しい商品情報を知りたいときは消費者庁のウェブサイトで確認できます

どうしてこのような制度ができたのか

機能性表示食品は、2015年4月にできた比較的新しい制度です。それまで機能性が表示できるものは、国が個別に検査して許可したトクホと国の規格基準にとおった栄養機能食品だけでした。

うれしいことに、からだの健康を意識した商品が数多く開発・販売されるようになりましたが、どの商品がどんな効果があるのか把握しにくくなったという問題点が発生。そこで、わたしたちがより自分に合ったものや求めているものを選べるように機能性表示食品ができたのです。

HMBサプリってなに?

特長

「HMB」は聞き慣れない言葉かもしれませんが、アメリカを中心に世界ではメジャーなサプリ。医薬品ではなく健康食品なので、用法・容量を守っていれば副作用の出る心配はほぼありません。

HMBの正式名称は「3-ヒドロキシ-3-メチルブチレート」といいます。もともと人間のからだにあるもので、筋肉をつくるときに必要なロイシン(アミノ酸の一種)を摂取したときにつくられる成分です。

実は、HMBの1日分(1.2g)を食事から摂るのはとても大変。動物や植物もHMBを利用しているのでいろいろな食品から摂るのは可能ですが、その量に問題があります。例えば、牛肉で約2.7kg、木綿豆腐で約14.3丁など。毎日これだけの食事を続けるのは難しいですよね。そこで、サプリメントとして簡単に摂取できるようになったのがHMBなのです。

効果

HMBのサプリは、筋トレが好きな人や肉体改造をしたい人に愛用されているとか。また、ボディビル用のサプリとしても利用されています。「HMB」と一言でいってもいろいろなサプリがありますが、その効果は主に3つあります。

*筋肉量増加効果
HMBには、たんぱく質がからだへ同化するのを促進させる効果があります。つまり、かただに筋肉をつきやすくしてくれるということ。ただし、HMBを摂取するだけでは不十分。筋トレ・栄養・休息を合わせることで効果が得られます。

 

*筋肉量減少抑制効果
HMBには、たんぱく質の分解をさまたげる効果があります。筋肉をつけようとするときは摂取カロリーを消費カロリーより多く、脂肪を落とそうとするときは反対に摂取カロリーをおさえます。しかし、摂取カロリーが低かったり運動量が少なかったりすると脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。HMBを摂ると、筋肉が落ちにくくなるということですね。

 

*回復促進効果
筋肉は、筋トレなどの運動によって筋肉を傷付けながら強くしていくもの。筋肉痛にはいろいろな原因があるなかで、過度な運動によって傷ついた筋肉を回復させるときに生じる痛みだともいわれています。HMBは、傷ついた筋肉が治るのをサポートしてくれる効果があるの、筋肉がつく効率が良くなって筋力アップが早くなります。

 

キューサイ「小林HMBタブレット」が新発売!

商品内容

販売会社のキューサイ株式会社は、「まずい!もう1杯!」とCMで話題になった青汁を販売している会社。2017年4月1日「小林HMBタブレット」というHMBサプリを発売開始しました。では、商品について見ていきましょう!

 

価格・内容量

通常価格: 6,210円(税込)
1ボトル(30日分): 54g(300mg×180粒)

成分

*6粒(1.8g)あたり

エネルギー: 5.0キロカロリー
たんぱく質: 0.000g
脂質: 0.081g
炭水化物: 0.0004g
食塩相当量: 66円(税込)
機能性関与成分: HMB1.2g

飲み方

  • 1日6粒目安
  • 水またはぬるま湯と一緒に飲む。

キューサイに確認をしたところ、小林HMBタブレットを飲むタイミングに決まりはないとのこと。好きなタイミングで摂取できますが、飲み忘れを防ぐために1日のうちで時間を決めておくほうが良いかもしれませんね。

HMBタブレットを飲む場合は、胃酸の影響を受けにくい食後がおすすめ。また、運動などをして筋肉を使うときに飲むのも良いです。ボディビルダー・筋トレで筋肉をさらに強化している人は、トレーニングの前後にHMBタブレットを摂取するとか。

また、1度に6粒すべてを飲むのではなく、1日に数回わけて飲むと胃への負担が軽くなります。日常生活の筋力アップ・筋力維持をしたい人でも、ちょっとした運動の前後に飲むと効率よくHMBが摂れそうですね。

機能性表示の内容

機能性関与成分: 3-ヒドロキシ-3-メチルブチレート(HMB):1.2g
届出番号: B185

届出表示には、配合されている成分のなかでからだへの健康効果がある成分と、そのはたらき・効果が書かれています。HMBのはたらきは筋肉量・筋力の低下を抑制するというもの。また、この商品の効果は、日常生活を過ごしていくなかで必要になる筋肉量・筋力の維持に役立つというものです。

小林HMBタブレットができた理由

筋肉は、歳をとるにつれておとろえていきます。歩くための足の筋肉は、80歳ごろになると20歳のころに比べて約70%まで低下するとか。歩くのが遅くなったり、よくつまづくようになったりするのは、足の筋肉の低下が1つの理由かもしれませんね。

筋力の低下は、加齢によるものが原因だけではありません。運動不足・座りがちな生活・食事制限のダイエットによる栄養不足など、若者でも筋力が低下していく可能性があります。筋力が低下すると、日常生活やからだにさまざまな悪影響が。例えば、疲労・冷え性・猫背・新陳代謝の低下・食欲不振・不眠症などが考えられます。

そこで、キューサイはHMBのもつ「筋力低下抑制」というはたらきに着目してサプリを開発。加齢やその他の原因で日常生活が送りにくくなっている人や、筋力が低下していることに悩みをもつ人に対して、機能性表示食品として小林HMBタブレットを完成させました。

まとめ

HMBは、筋力アップ・筋力維持の強い味方だということがわかりましたね。どれくらいの効果が出るのかについては個人差がありますが、機能性表示食品なのでからだへの害がないことは確か。小林HMBタブレットは消費者庁も認めた効果の期待できるサプリメントです。ご興味があれば、ぜひ1度試してみてくださいね。

★あわせて読みたい

 

効果別でおすすめのサプリメントをランキングでチェック!

 - 筋肉をつけて引き締める!筋肉サプリ