オススメのダイエット グイーンスムージーメニューを提案 一週間分のレシピ

   

1ヶ月に3kg痩せれば良いという人もいれば、1週間で何が何でも5kg以上痩せたいというせっぱ詰まった人もいますが、どちらのパターンにせよ、『ダイエットにはグリーンスムージーを活用する』というのは常識となってきています。

  • 美味しさ
  • 栄養バランスの良さ
  • 続けやすさ

ダイエットに必要だとされるこの3原則がグリーンスムージーにはよく当てはまっているため、実際に、グリーンスムージーを使ったダイエットでスリムになっていく人が増えているようです。

1週間のグリーンスムージーで目指せ-3kg!!

そこで、グリーンスムージー活用を推奨しているここでも、本気でダイエットをしようと決意されている方を応援するために、7日間のグリーンスムージーダイエットレシピを提供致します。

やり方はとっても簡単!朝昼は一汁三菜を中心にしっかりバランスの良い食事を食べ、夜ご飯をグリーンスムージーに置き換えるだけ。

特に、ご飯、野菜料理、魚料理、乳製品のバランスを取った食事に気を付けながら、1日1400kcalはきちんと食べるようにしましょう。
食べなさすぎは逆効果で、グリーンスムージーを飲んでもダイエット効果がありません。

(1)軽い運動を続ける(ウォーキングやダンスなどでもOK)
(2)朝・昼はバランスの取れた食事を
(3)夜はグリーンスムージーをお腹いっぱい飲む

という3つのルールを守れば、あなたも必ずダイエットに成功します!
それでは今日(遅くとも明日)から早速始めてみましょう!!

1日目のグリーンスムージー バナナ+ほうれん草

1日目は体をダイエット状態に慣らすため、糖分や炭水化物の多いバナナを使用します。

通常のダイエットでは夜に糖分や炭水化物の多い果物は控えますが、1週間目の最初は体がまだ小食に慣れていないため、炭水化物量の多いものでも可能です。

スムージーを飲んだ後はラジオ体操などの軽い体操をして代謝を上げ、バナナで摂った糖分を消費しやすくしましょう。

バナナ+ほうれん草スムージー

  • バナナ:1本
  • 茹でたほうれん草:60g
  • 豆乳:200ml
つくり方

ほうれん草をペースト状にした後、バナナと豆乳を加えて混ぜましょう。

2日目のグリーンスムージーかぼちゃ+小松菜+ヨーグルト

前日に引き続き、ダイエットに体を慣らす目的で炭水化物を摂取します。

蒸したかぼちゃはとても甘いので、いつも夜ご飯をたっぷり食べてしまっている方も満足できますよ。料理が苦手なら、冷凍かぼちゃやかぼちゃの煮物を使ってもOK。

ヨーグルトを加えて眠っている間に腸内の善玉菌を増やし、ダイエット中の便通を良くしましょう。

かぼちゃ+小松菜+ヨーグルトスムージー

 width=
  • 蒸しかぼちゃ(電子レンジや蒸し器で蒸しましょう):150g分
  • 小松菜:1束
  • ヨーグルト:100g
  • 牛乳:100ml
つくり方

全てをよく撹拌すれば完成です。
かぼちゃの甘みが足りない場合は、はちみつを少し加えてもOK。

3日目のグリーンスムージー 粉末グリーンスムージー+豆乳

手づくりのスムージーは意外にカロリーがあるため、ある程度体が慣れた3日目には低カロリータイプの粉末グリーンスムージーを使います。

目安は100kcal以下のタイプですが、無添加タイプのグリーンスムージーで非常に内容が良ければそれ以上でも構いません。栄養価が豊富で、食事のバランスを整えるために粉末タイプが有効です。

お腹が空くという方は、夜ご飯後すぐに寝るようにしましょう。

粉末グリーンスムージー+豆乳

  • 粉末タイプグリーンスムージー:1袋
  • 豆乳:200ml
つくり方

シェイカーで振るだけで完成です。

4日目のグリーンスムージー 粉末グリーンスムージー+人参+オレンジ

4日目も粉末グリーンスムージーを使います。
粉末タイプのグリーンスムージーによる豊富な栄養成分の摂取に加え、生の野菜&果物により体内に新鮮な酵素を取り入れ、毒素を排出します。

酸味のあるさっぱりとした味ですが、人参の甘みが感じられるため満腹感も出ます。

粉末グリーンスムージー+人参+オレンジ

  • 粉末タイプグリーンスムージー:1袋
  • 人参:3分の1本
  • オレンジ果汁:1個分
  • 水:50ml
つくり方

1.オレンジを絞り、果汁を取ります。

2.人参をフードプロセッサーなどに入れてペースト状にします。

3.別途シェーカーでつくっておいたグリーンスムージーとオレンジ果汁を2に入れ、良く撹拌すれば完成です。

5日目のグリーンスムージー メロン+ゴーヤ+バジル

もうすぐダイエットも終わりに近づくという5日目ですが、カロリーを抑えていることから、イライラや焦りが出始める頃です。

憂鬱感やイライラを抑えてリラックスさせる効果もあるバジル、疲労回復やむくみ改善に効果のあるメロン、栄養豊富で肌の荒れを解消する働きを持つゴーヤを使い、残りのダイエット生活を乗り切りましょう!

メロン+ゴーヤ+バジル

  • メロン:100g
  • ゴーヤ:1本
  • バジル:5枚
  • 牛乳:100ml
  • ヨーグルト:100g
つくり方

1.メロン、ゴーヤ、バジルをペースト状にします。

2.牛乳とヨーグルトを加えてよく混ぜれば完成です。

6日目のグリーンスムージー グレープフルーツ+水菜+炭酸水

ルールを守っているなら体重も減った分、ダイエットがきつくなってくる頃でしょう。炭酸水で割ったスムージーをたっぷりと飲み、お腹の減りを紛らわせます。

グレープフルーツ+水菜+炭酸水

  • グレープフルーツ果汁:1個分
  • 水菜:2束
  • お酢:小さじ2杯
  • 砂糖:小さじ1杯
  • 炭酸水:適量
つくり方

1.グレープフルーツを絞ります。

2.撹拌した水菜に1とその他の材料を加えてよく混ぜます。

3.炭酸水で少しずつ割りながら飲みましょう。

7日目のグリーンスムージー 粉末グリーンスムージー+ヨーグルト+ナタデココ

最後は、栄養補給のために粉末グリーンスムージーを使いましょう。次の日からは普段と同じ食生活を再スタートするので、リバウンドによる食べ過ぎを防止するために、ナタデココのカロリーを敢えて摂取します。

粉末グリーンスムージー+ヨーグルト+ナタデココ

  • 粉末タイプグリーンスムージー:1袋
  • ヨーグルト:100g
  • 牛乳:100ml
  • ナタデココ:6個
  • ハチミツ:大さじ1杯
つくり方

1.ミキサーに牛乳、ヨーグルト、スムージー粉末を入れて混ぜます。

2.トロトロになったらコップに移し、ナタデココとハチミツをかけて食べます。

 

★あわせて読みたい

 

効果別でおすすめのサプリメントをランキングでチェック!

 - スムージー(グリーンスムージー)